おてもやんのお庭から

新宿駅からひとつ目なのに、
ちょっぴり田舎な感じのするおてもやん企画のお庭。
不思議なことに、一年中何かの花が咲いています。

まだ寒いけど、梅がほころび始めました。

「梅一輪 一輪ほどの 暖かさ」

大好きなこの句は、芭蕉に師事した服部嵐雪という方の作なんですね。

今の季節、蘭も咲くんですよね。

ひっそり咲いているけれど、確かな妖艶さを醸し出す蘭。
誰かがいつの間にか植えたのかな。